Home > 特集 > 一生モノのハサミ、DOVO

DOVO一生モノのハサミ、ドボ

極めてシンプルで美しいハサミを作り続ける
ドイツの老舗刃物メーカー、DOVO(ドボ)。
繊細な手作業から生まれる、鋭い切れ味をお楽しみください。

100年の歴史を誇るドイツの老舗メーカー

刃物の生産で知られるドイツ、ゾーリンゲン(Solingen)。日本の関(Seki)、イギリスのシェフィールド(Sheffield)と合わせて「刃物の3S」と呼ばれ、多くの世界的な刃物メーカーを輩出してきました。この街で、1906年に誕生したのがDOVO(ドボ)。家庭用のハサミをはじめ、散髪用、ネイル用、カミソリなどが、すべて職人による精巧な手作業で作られています。シンプルなデザインと鋭い切れ味を兼ね備え、道具としての機能美に優れたハサミ。一生使い続けられる1本を提供しています。

サイズは用途で選ぶ

6インチ、6.5インチ、7インチ。どんなものを切りたいかで、選ぶサイズは変わります。大きな紙を切るなら刃の長い、しっかりとした7インチを。切り絵のような細かな作業には、ショートサイズで小回りの利く4インチが適しています。ドイツでは、用途によって数本を使い分けるのがスタンダードだそうです。

左: DOVO ハサミ 4インチ 285407 ¥6,048(税込)
中: DOVO ハサミ 6インチ 295607 ¥8,100(税込)
右: DOVO ハサミ 7インチ 255706 マット ¥8,532(税込)

切る、だけではない刃先

刃先に注目してみると、先端が異なることに気付きます。いかにも切れ味抜群の尖ったタイプは、切るだけの用途ではありません。ハンドルを両手で握り、突き刺して穴を開ける使い方もできます。例えば、薄手の段ボールなら穴を開けて、そこから切り進めることも可能。一方、丸みのある先端は2枚の刃の形状が異なり、摺り合わせるとラウンドした形に。子供でも扱うことができる安全への配慮がデザインされています。

力強く切るための非対称な指穴

指穴が左右で異なるものは、大きな穴に指を2本入れて使用。握る力が強くなり、紙パックや厚手の紙を切るのに適しています。また、DOVOのハサミには素材の違いがあり、鏡面のニッケルとマットなステンレススチールがあります。古くはニッケルのみでしたが、医療用として艶消しのステンレススチールが誕生。光を反射して作業を邪魔しないことが目的でしたが、見た目の美しさから家庭用ハサミにも応用されるように。仕上げの違いでステンレスでも艶やかなタイプもあり、選べる楽しさも魅力です。

DOVO ハサミ 7インチ 255706 マット ¥8,532(税込)

Scissorsその他のハサミ

DOVOのほか、優れたデザインのハサミが揃います。
日本の刃物の街、関で生まれたALLEX(アレックス)など、
この機会にぜひ、ご覧ください。

ハサミ 一覧を見る