DELFONICSのビジネス手帳

1987年から作り続けている、デルフォニックスダイアリー。
その中でも、ビジネスシーンに似合う手帳として2008年に考え出されたのが、
こちらの「プラクティカルダイアリー」シリーズ。
2019年版は、カラーやサイズバリエーションも含め、187種類を制作しました。
休日の日付に、「プラクティカルブルー」と呼ばれる青い文字色を採用。
月別のインデックス付きで、目的のページにアクセスしやすいのも特徴です。
現代のビジネスシーンに手帳が必要な理由を考えながら、
思考が冴える、プラクティカルダイアリーの魅力を紹介します。

更新情報2018.10.5 特集を公開しました
一番人気は、「キトリ」

プラクティカルダイアリーの一番人気は、「キトリ」シリーズ。
シボのある表紙の質感と、上品に押されたゴールドの年号。
男女問わずに使えるシンプルなデザインで、
持つ人に、ささやかな信頼感を与えてくれる手帳です。
グレージュ、ブルーグレー、ダークブルーなど
今年らしい、スモーキーなカラーがラインナップ。
プラクティカルダイアリーの中でも、
カラー、サイズ、フォーマットともに最も豊富なシリーズです。

小さくて、薄い手帳

昨年の2018年版から登場したA6マンスリーは、
文庫本と同じサイズの、薄くて小さな手帳。
マンスリータイプとは、月間ページのみで管理するタイプ。
写真下のウィークリーに比べると、
上のマンスリーは半分以下の薄さで、持ち運びに便利です。
「小さい手帳がいいけれど、予定はしっかり書き込みたい」。
そんな現代のビジネスパーソンの声に応えてくれる手帳です。
小さなサイズの手帳なら、ビジネスシーンでも、
チャレンジングな柄や色が選べます。

マス目は、広く心地良く

「スピード」と「一覧性」は、
アナログアイテムがデジタルに勝つ、大きな特徴。
認証を解除して、カレンダーを開き、日付をクリックする。
この3ステップを踏むスマートフォンより、
月間ページを開けば日付の詳細まで見える、1ステップのみの手帳は、
スピード勝負のビジネスシーンには欠かせないアイテムです。
プラクティカルダイアリーは、広いマス目に心地よく書き込めるのが魅力。
特にマンスリータイプは、スマホと併用して使う人におすすめです。

忙しい人の、バーチカル

「しっかり手帳を使う派」のための、ウィークリー手帳は、
写真左のバーチカルと、右のホリゾンタルの2種から選べます。
バーチカルは、日本語で「垂直」、ホリゾンタルは「水平」という意味。
つまり、1日の予定を見るときの視線が
垂直方向となるのがバーチカルで、水平方向がホリゾンタル。
ベーシックなのはホリゾンタルですが、
最近では、1時間単位で予定が詰まった忙しい人も多いためか、
大判サイズのA5バーチカルも人気です。

Point特徴
書きやすさを重視した製本

ページがフラットに開く、柔らかな背表紙。ウィークリーは糸綴じ、マンスリーはミシン綴じで製本することで強度を高め、安心して書き込めるように仕上げました。

なめらかな手触りの上質紙

万年筆でもなめらかに書ける、手触りの良い上質紙。サイズによって厚みの感じ方が異なるため、小型の手帳と大型の手帳では異なる厚さの紙を使っています。

アクセスしやすいインデックス

月別のインデックスが付いたデザインも、プラクティカルダイアリーの特徴。1年間しっかりと使えるように、月名の上にはラミネートが施されています。

今年もあります、WEB SHOP限定キトリ

昨年、WEB SHOP限定で発売したキトリの限定バイカラー。期待の声にお応えして、今年も制作しました。今年は純白の「ホワイト」に、ブルーのロゴとステッチの組み合わせ。通常はゴールドの小口を表紙に合わせてシルバーに変更しました。B6とA5サイズのウィークリーには、バーチカルタイプもご用意しています。

A6キトリ ¥1,944B6キトリ ¥2,376A5キトリ ¥2,592A6マンスリーキトリ ¥1,296B6マンスリーキトリ ¥1,620B6キトリバーチカル ¥2,376A5キトリバーチカル ¥2,592(すべて税込)

ビジネス手帳に関連する記事

自分らしい手帳選びの参考に、
ビジネスシーンにおすすめの手帳の紹介や、
最新情報をお届けしています。

特集一覧