Home > 手帳に関する記事 > Rollbahn FLEXIBLE Diary – Business planner –


Rollbahn FLEXIBLE Diary Business planner

ページを入れ替え、様々な組み合わせを楽しめる「ロルバーン フレキシブル」。
「ロルバーン フレキシブル カバー」専用のダイアリーリフィル、
2022年版「マンスリー」と「フリーホリゾンタル」を使って、
ビジネス手帳として活用してみませんか?

※画像は2021年版ですが、現在発売中のダイアリーリフィルは2022年版です

Business planner
建築家のビジネス手帳としての使い方

左にはリフィル「マンスリー」、右にはリフィル「フリーホリゾンタル」を
見開きで配置しています。A社、B社・・・と、複数のクライアントを抱え、
オフィス作業やクライアント先での打ち合わせ、
プロジェクトの予定管理、進行管理など、多忙なビジネスパーソン。
2種のダイアリーリフィルを見開きで確認できるこの組み合わせのメリットは、
1ヶ月を見通しながら1週間のTO DOも確認できる、
ビジネスプランナーとしての使い勝手の良さ。
今日のタスクの確認、クライアントごとの大事なイベントへの心の準備はもちろん、
先も見据えて働くことをサポートし、休暇の取得も調整しやすくなりそうです。

ダイアリーリフィルの特徴

「マンスリー」は、月~日曜まで書き込みスペースの幅が均等なため、
土日休みの働き方に限らず、平日休みの方もビジネス手帳に活用しやすいフォーマット。
1日の書き込みスペースは、大きくはっきりと文字を書いても3~4行のメモが可能です。
例えば「クライアント名、イベント、場所、時刻」を書き込むのにちょうどよいスペース。
「フリーホリゾンタル」は、縦に1週間が並ぶホリゾンタル形式です。
月~日曜の曜日のみが印刷されていて、日付を書き込んで使用するタイプであること、
「ロルバーン フレキシブル」のページを入れ替えて使える特性を活かして、
1週間の書き込みスペースが埋まった時には、必要なだけリフィルを増やすこともできます。
上の写真の使い方は、土日休みで土日のスペースにはTO DOの書き込みがありませんが、
このスペースを利用して、プロジェクトの提案内容をスケッチしています。
「ロルバーン フレキシブル」は自由な組み合わせ、自由な書き込みがしやすいのが魅力。
広くフリースペースを設けているため、文字だけではなく、
図や絵などの書き込みもおすすめです。

アイテムを揃えて活用

「ロルバーン フレキシブル」は自由な組み合わせ、自由な書き込みがしやすいのが魅力。
広くフリースペースを設けているため、文字だけではなく、
図や絵などの書き込みもおすすめです。
上の写真は、マットブラックの「ロルバーン フレキシブル カバー」にリフィルをセット。
リフィルは、「centropen ハンドライター 4651M」、「LAMY safari ボールペン」など、
水性インク、油性インクのどちらも書きやすい上質紙。
リフィルのクリーム色と同色で、紙色に馴染む
「ロルバーン 修正テープ」もご活用ください。

Rollbahn FLEXIBLE
「Rollbahn FLEXIBLE(ロルバーン フレキシブル)」とは?

ロルバーン フレキシブル」とは、ページが入れ替えられる新しいロルバーン。本体の「ロルバーン フレキシブル カバー」に専用のリフィル用紙やアクセサリーをセットして使用します。リフィルのリング穴はスリット入りのため、スムースな着脱が可能。初めて使う方は、まず、「ロルバーン フレキシブル カバー」をお選びください。8つのカラー、L・A5の2サイズ展開です。

Rollbahn FLEXIBLE Diary
Rollbahn FLEXIBLEロルバーン フレキシブル

ページが入れ替えられる「ロルバーン フレキシブル」は、
罫線や4分割、インデックスにもなるTO DOタイプなどリフィルも豊富。
自由な組み合わせで自分だけの1冊を作ってみてください。

ロルバーン フレキシブル一覧を見る