Home > 特集 > 手帳に、鞄に、ポケットに。いつも持ち歩く、細身のペンを贈り物にいかがですか?

2019.7.12 手帳に、鞄に、ポケットに。いつも持ち歩く、細身のペンを贈り物にいかがですか?


大切な方へ、気持ちを込めて贈りたい「ペンの贈り物」。
この連載では、ペンが持つストーリーとともに、ギフトにおすすめのペンを紹介しています。

第2回となる今回は、持ち運びやすい「細身のペン」をピックアップしました。
ポケットに挿しても様になり、手帳にもすっきりと収まるスマートなペン。
気軽に携帯でき、ビジネスシーンに活躍する1本を贈ってみませんか?

1本目は、細軸の代表格とも言えるPARKER(パーカー)の「JOTTER(ジョッター)」。
1954年、すでに万年筆市場で成功を収めていたPARKERが、
満を持して発表した、初めてのボールペンが「ジョッター」です。

開発にあたりPAKERが目指したのは、優れた書き味、長寿命のインク、高い耐久性、
そして、ペン先が収納できる構造を備え、市場に長く息づくボールペンでした。
この理想の形を実現するまで、研究に10年の歳月を費やして発売されたそうです。
当時、革新的な性能が注目され、初年度には350万本もの売り上げを記録しました。

「ジョッター」とは、メモ帳という意味があり、開発段階で愛称として使われた名前です。
発売を前にその他の候補が挙がったものの、響きの良さから正式な商品名に採用されました。

発売から65年、これまでに100種類以上のカラーリングが登場しましたが、
基本的な本体の構造は、初代モデルからほぼ変わっていません。
これは開発当時から、PARKERがいかに先進性のあるブランドであったかを証明しています。

現在までに、全世界で約10億本を販売しているロングセラーアイテム。
細身で手にしっくりと収まり、PAKERを象徴する「矢羽クリップ」が、
手帳やポケットに挿したときに際立ち、高級感を演出してくれます。
確かな歴史に加えて、2,160円(税込)と贈りやすい価格も魅力の1本です。

世界で10億本を売り上げる
PARKERのロングセラー

PARKER ジョッター ボールペン
2,160円(税込)

PARKER ジョッター ボールペン

続いては、こすると消える、便利なフリクションボールペン。
消去用ラバーで書いた文字をこすると、摩擦熱で筆跡が無色になる仕組みで、
いまやビジネスシーンには欠かせない、定番アイテムです。
そんなフリクションのオフィスラインはご存知ですか?

「フリクションポイント ビズ」は、お客様の声に応えて作られた、
ビジネスシーンでの利用に適したコレクション。
シンプルでクールな仕上がりで、2008年度にグッドデザイン賞を受賞しています。

スリムなボディと合わせて、ペン先も超極細の0.4mm。
手帳やノートなどの細かい筆記に最適なボールペンです。
直線的で無駄のない凛とした佇まいの金属ボディは、
商談などビジネスの現場にも馴染みやすく、歓送迎のギフトとしても喜ばれそうです。

「書く」と「消す」を両立させるフリクションは、
アイディアを練るための試行錯誤に役立ちます。
頭の中にある、もやもやとしたアイディアの種を思いつくままに書き出し、
ためらうことなく消して、書いてを繰り返す。
この1本から、新しいビジネスを生み出すきっかけが生まれるかもしれません。

定番・フリクションでも、
ビジネスなら上質を選びたい

PILOT フリクションポイント ビズ
2,160円(税込)

PILOT フリクションポイント ビズ

3本目は、1913年に創業したアメリカのSHEAFFER(シェーファー)。
クラシックなディテールと、コンテンポラリーなデザインを兼ね備えた
「ヘリテージコレクション」のひとつで、
細身で上品な「SAGARIS(サガリス)」のボールペンです。

「サガリス」とは、古代ギリシャで神聖なものの象徴とされた「両刃斧」を意味し、
優美なデザインがその由来を体現しています。
ボールペンにはありませんが、同モデルの万年筆のペン先は、
その「サガリス」にインスパイアされた装飾が施されています。

軽量設計により、疲れにくい細身の軸。
見た目の重厚なイメージとは裏腹に、手に持つと軽く、
てのひらに寄り添うような、適度な重量感が心地良い1本。
快適な書き味を追求した、SHEAFFERのエントリーモデルとしても知られています。

黒い樹脂とクロームのツートーンボディに、
リングとクリップのゴールドでアクセントを効かせたデザイン。
まさに、洗練された大人が持つに相応しいボールペンです。
SHEAFFERのシンボルであり、品質合格の証である
クリップの「ホワイト・ドット」も、もちろん飾られています。

優美なデザインは
古代ギリシャからのインスパイア

SHEAFFER サガリス ボールペン
8,640円(税込)

SHEAFFER サガリス ボールペン

最後に紹介するのは、Caran d’Ache(カランダッシュ)の「849(はちよんきゅう)」。
1969年に誕生し、今年50周年を迎えた六角形の細軸ボールペンで、
鉛筆工場からスタートした、Caran d’Acheのスピリットを受け継ぐモデルです。

セレクトしたのは、アルミ製のボディが際立つメタリックカラー、
「ポップライン メタルX」のグリーン。
カラフルで遊び心のある849コレクションの中でもクールな印象が強く、
大人の男性でも持てる、モダンな1本です。

「849」の最大の特徴は、Caran d’Ache独自で開発した
「ゴリアットカートリッジ」と呼ばれるリフィル。
リフィルの先端に備えた5本の軌道により、滑らかなインクフローを実現しています。
ペンを走らせると、インクが紙に細分化された状態で伝わり、
だまやボタ落ちもなく、スムーズな書き心地を楽しめます。

なにより驚くべきは、その筆記量。
リフィル1本の筆記距離はA4用紙で600枚、直線距離では約8kmにも及びます。
プレゼントする際、「1本で8kmも書けるボールペン」と一言添えれば、
意外性をプラスした、特別な贈り物になりそうです。

A4用紙に600枚書ける
タフで頼れる「849」ボールペン

Caran d’Ache 849コレクションボールペン
3,564円(税込)

Caran d'Ache 849コレクションボールペン

知るほどに、大切な方へ贈りたくなるペン。
伝えたい気持ちを込めて、ペンを贈ってみませんか?

商品一覧を見る
特集一覧