Home > 特集 > オフィス内の持ち運びに役立つ、「ステーブル」シリーズが新登場

2019.12.19 オフィス内の持ち運びに役立つ、「ステーブル」シリーズが新登場


DELFONICS WEB SHOPに、多様化するワークスタイルに併せて使える、
オフィスバッグやキャリングケースが新しく入荷しています。
今回ご紹介するのは、フリーアドレスのオフィスで
働く人に使ってほしい新シリーズ「ステーブル」。

自立するタイプのキャリングケースとバッグの「ステーブル」は、
資料や仕事道具を持ち運ぶことを想定した仕掛けが特徴。
「持ち運べる収納アイテム」として、
ノマドワーカーのみならず、教室間の移動が多い学校の先生や、
たくさんの資料を持ち運ぶ企画職や営業職の方にも、好評です。

上の画像、右にあるのがフラップで開閉するキャリングケース。
B6が入るMサイズと、A5が入るLサイズがあります。
背面にマグネットが内臓されているため、フラップを開いたままでも使用でき、
小さなデジタル機器や文房具を入れると、オーガナイザーにもなります。

画像左は、オフィス内の荷物移動に便利なバッグ。
A4ファイルがそのまま入るサイズで、横型縦型が登場。
バッグを収納する棚、ロッカーの形やサイズに合わせて選べます。

バッグの中には、マジックテープで取り外しができる、ファスナーケースも付属しています。
クッション性に優れ、タブレットなどの電子機器の収納にも活躍。
内外に付いた豊富なポケットも使えば、
小さな文房具から分厚い資料ファイルまでがこのバッグ1つに整理できます。

「ステーブル」とは「自立する」という意味があります。
その名の通り、バッグ全体がしっかりと自立することにこだわりました。
どんな場所にも気軽に置いて、使いたい道具をサッと取り出す。
ワークスペースを、より有効に使うためアイテムです。

人気の「インナーキャリング」シリーズにも、オフィスバッグが登場しています。
こちらもあわせてご覧ください。

「ステーブル」シリーズを見る
特集一覧