Home > 特集 > バレットジャーナルの発案者、ライダー・キャロルに訊く、思考を整理するノート術が誕生した理由

2019.5.10 バレットジャーナルの発案者、ライダー・キャロルに訊く、思考を整理するノート術が誕生した理由


スケジュールやタスクを箇条書きにして思考を整理するノート術「バレットジャーナル」。InstagramなどのSNSを中心に世界中でブームとなっているバレットジャーナルを発案した、ライダー・キャロル氏の著書が発売されました。WEB SHOPではプロモーションのために来日した同氏にインタビュー。バレットジャーナルが誕生した理由や、公式ノートを製作するノートブランド、LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)との出会いをじっくりと聞きました。
【取材・撮影】2019.4.20.Sat @銀座 伊東屋 G.Itoya 10F HandShake Lounge


Ryder Carroll(ライダー・キャロル)
バレットジャーナルの発案者。デジタルプロダクトデザイナー。ニューヨークのデザイン会社でアプリやゲームなどの開発に携わり、アディダスやアメリカン・エキスプレス、タルボットなどのデザインに関わる。

Q. まずは、ようこそ日本へ。来日は初めてですか?

はい、今回が初めてです。私はニューヨークに住んでいますが、東京の美しさに驚いています。渋谷の高層ビルから景色を眺めたのですが、地平線の先まで街が続き、その大きさに感動しました。明治神宮や根津神社、新宿も歩きました。写真を撮るのが好きなので、歩き回ってしまいました。本当にエキサイティングな街ですね。

Q. 今回は著書の出版記念での来日ですね。そもそも、バレットジャーナルが誕生したきっかけを教えてください。

私は子供の頃からノートに様々なことを書く、ということを繰り返してきました。その頃はまだ、バレットジャーナルとしてのルールも完成していませんでしたが、私の側にはいつも紙とペンがありました。好きな絵を描いたり、文章を書いたり。その繰り返しを続け、延長線上にバレットジャーナルがあります。というのも、私には他の人とは異なる問題があり、ノートに「書く」ことでその問題を克服していったのです。

Q. その「問題」とは、どんなことですか?

私はADD(注意欠陥障害)と幼少期に診断されました。自分が面白いと思わないことに集中することがどうしてもできなかった。例えば学校の授業。数学の時間には、周りの同級生は先生が話す言葉をノートに書くのに対し、私だけは図形を描いていました。図形を完璧に描くことで私は先生の言葉の意味を理解し、聞き取ることができたのです。数学だけでなく、ほかの授業でも絵を描いて理解し、ポイントをノートに書くという方法を編み出したのですが、先生には「なぜ絵を描いているんだ!」とよく叱られました。それからは、先生の目線に気を配ってノートを取る振りをして、目を逸らしたら絵を描く、そんな技術も身に着けましたよ(笑)。

Q. 小さなころから、独自の方法でノートを使っていたのですね。

そうですね。ADDの診断を受けたのが日本で中学生に当たる12歳~15歳のとき。そこからノートに書いて思考を整理する、という術をいろいろと試すようになりました。


ライダー・キャロル氏直筆、バレットジャーナルの書き方サンプルを見せてもらいました

Q. では、成長して大人になってからは?

社会人になる頃には、思考の整理がずいぶんと上手になっていました。そこで気付いたのです。学生の頃にはなかった、やりたくないことをやらない自由があることに。私の場合、初めての就職では辛い経験がありました。毎日やりたくないことを繰り返し、気持ちが萎えるような日々を過ごしました。仕事が終わってからも、なんて不幸なんだと考え続ける自分にも気付きました。そのとき、空いている時間をきちんと整理して「嫌なことを考えない時間」を意識的に作るようにしました。もちろん、ノートを使って時間管理を始めたのです。

Q. ノートで時間管理をするポイントはありますか?

まずはやることの優先順位を決め、それを実現するための時間を確保すること。ノートに予定を書いても、日々スケジュールは変化します。仕事の変更や人の都合でも変わり、その中で翻弄されて消滅してしまうのが、自分が立てた計画です。本来は優先するべきはずの自分の計画が犠牲になる。ですから、毎日の状況を踏まえて予定を見直し、新しい優先順位を決める必要があります。このプロセスで、自分にとって大事なことに向き合う時間を作っているのです。

Q. 時間管理には便利なデジタルツールも存在しますが、アナログなノートを使うのはなぜ?

私はデジタルの領域でデザインの仕事をしています。テクノロジーは大好きで、仕事の予定はgoogleカレンダーでも管理しています。以前、ノートを離れてデジタルを多用したこともあるのですが、整理整頓が難しくなり、焦りを感じるようになりました。そのためデジタルな仕事にアナログなバレットジャーナルを持ち込み、思考を整理したうえで、またデジタルに戻る。現在では、いわばデジタルとアナログのハイブリットユーザーです。


世界29カ国で刊行されている著書「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」(ダイヤモンド社)

Q. なるほど。やはり「手書き」が重要なのですか?

その通りです。書くことによって、流れる思考を捉えて、深く考察することができます。思考が形を成す前のふわふわとした状態のとき、それを言語化し、PCでスピーディーにタイピングするよりも、手書きをすることでペースダウンすることができます。この、スローにすることが大切。手書きではすべてのポイントを書き尽くせないので、書き出す時点でポイントを選択しています。知らないうちに、自分の内側にある思考を見つめて整理しているのです。デジタルは私たちを外の世界と繋げてくれる非常に有能なツールですが、自分の内側にある世界を見つめるにはアナログが適しています。

Q. バレットジャーナル公式ノートとして、LEUCHTTURM1917(ロイヒトトゥルム1917)社と商品を開発していますね。どのように商品は生まれたのですか?

まだバレットジャーナルが広く知られる前、単純に書き方のシステムだけを自分のWEBサイトで紹介していました。何も考えずに、趣味のような形で。そのWEBサイトが世界中からアクセスされ、皆さんが独自のバレットジャーナルを書き始めたのです。わたしは、それを1カ所で見られる場所が欲しくて、資金援助を募れるクラウドファンディングのKickstarter(キックスターター)を利用してコミュニティーを作りました。支援をいただいた方へのお礼として、バレットジャーナルを商品化することを考えたのです。そして、私自身が愛用しているロイヒトトゥルム1917に、私からアポイントを取りました。


ライダー・キャロル氏が作った、LEUCHTTURM1917 バレットジャーナル ミディアム

Q. それはいつ頃? ロイヒトトゥルム1917の魅力について、詳しく教えてください。

2014年です。長い間多くのノートを使ってきましたが、大き過ぎたり、ページが薄かったり、デリケートなものもありました。私はノートはツールであると考えています。そして、使っていることを認識させないものこそベスト。ロイヒトトゥルム1917のノートは、ページ番号やポケット、ハードカバーであることなどバレットジャーナルに必要な要素を満たしながらも、使うときに意識をさせない素晴らしいアイテムでした。当時、ロイヒトトゥルムとコンタクトするとすぐに意気投合し、公式ノートを作成することになりました。とても感謝しています。

Q. ロイヒトトゥルム1917と作った公式ノート「バレットジャーナル」のポイントは?

すでにノートに備わっていた機能をベースに、バレットジャーナル特有のインデックスやフューチャーログなどを加え、巻末には使い方を記載しました。色や柄の異なるリボン状のしおりが3本付属しているのもポイント。使い方としては、毎日のログ、月のログ、そしてユーザーの皆さんが、仕事や学校などそれぞれに使うページの3カ所の目印として挟みます。3つのページを素早くスイッチしてページを広げ、ゆったりと書き込んで欲しいのです。

Q. 中面が「ドット罫」というのも、こだわりですか?

はい、ドットは白紙のように使えて、グリッドのようにも使えます。自由度の高い構造なのでドット罫を気に入っています。バレットジャーナルはユーザーによって使い方が大きく異なるので、柔軟性が何より大切です。


バレットジャーナルを持ち歩く際、ゴムを斜めに掛けてペンを挿すそう

Q. バレットジャーナルに書くときのペンはこだわっていますか?

以前はペンを意識していませんでしたが、インクが滲んだ経験から他のペンを探そうと思いました。バレットジャーナルを書くことに時間を使うようになり、ペンにもこだわるようになったのです。私が使っているのはファインライナー。ペン先が細い水性マーカーです。特定のブランドにこだわりはなく、細書きであることを重視しています。インクはブラックのみで、カラフルな色は使いません。なぜなら、バレットジャーナルとペン1本でスマートに移動したいから。ノートのゴムバンドを斜めに掛けて、ゴムにペンクリップを引っ掛けて持ち歩いています。

Q. ありがとうございました。では最後にもう一度、著書「バレットジャーナル 人生を変えるノート術」(ダイヤモンド社)への思いを聞かせてください。

私が何年も何年も、長い時間をかけて集積した問題解決の方法が凝縮されたものがバレットジャーナルです。自分の行動と信条が1本の線でつながっていく手助けをするためのメソッドなのです。この本には、思想と実践の両方が書かれています。まだバレットジャーナルを始めていない方のきっかけにもなると思います。実践することで、自分が目指す道を意志力を持って選び、進むことができるでしょう。なぜなら、失敗が非常に多く、うまくいかないことが多かった私が、時間をかけて試行錯誤を繰り返した「確かなメソッド」なのですから。

著書を見る
特集一覧